性感染症の処置

性感染症の処置

性感染症になったら病院で治療を受け、完治させたいところでしょう。
この治療はどのような処置になるのか、不安もあると思います。
具体的な治療内容は性感染症の種類や症状、患者の体質などによっても変わりますから一概には言えませんが、基本的なところをいくつかご紹介しましょう。

抗生物質の使用

性感染症の種類によっては抗生物質の使用となる場合もあります。
たとえばクラミジア、淋病、梅毒など、細菌が原因となる性感染症はこの治療となることが比較的多いです。

抗生物質の飲み薬を処方された経験のある方もおられると思います。
それと同じように飲み薬を処方されるという治療方針になる場合もあります。
このときは病院で受ける処置は特にないこともありますね。
患者にとっては負担がなくていいと思えるかもしれませんが、どんなときでもそのような飲み薬での対応になるとは限りません。

最近では耐性菌を発生させず、確実に治療を進めるため、同じ抗生物質を使った治療でも飲み薬ではなく、注射や点滴となる場合もあります。
このときは病院での処置が主な治療となりますね。
体に針を通すため少し痛みがありますし、点滴だと薬が入りきるまで安静にしている必要があり、時間もかかります。
飲み薬の方がいいと思う方もおられるでしょうが、性感染症の種類や病気の経過などによってこのような処置が向いている場合もありますから、医師とよく相談の上、医師が一番に勧める方針もぜひ考えてみてください。

凍結療法

ウイルスが原因となるコンジローマの場合、抗生物質は効果的ではないため、別の処置が行われます。
この病気は感染部位にイボができるという症状になりますが、そのイボに対し、液体窒素に一度浸した綿棒を押し当てるという処置になります。
液体窒素は非常に温度が低いため、これを付けた綿棒を押し当てられると患部のイボは凍結し、壊死します。
それでイボを除去しつつ、正常なお肌の再生を促すという治療です。
コンジローマの場合はこの処置が一番最初に行われる治療となりがちです。

手術

これもコンジローマの治療のための処置の一つとなりますが、イボを切除してしまうという方法があります。
症状が悪化し、イボが非常に大きくなったときなどに選ばれることがある治療方法です。
少し負担の大きい処置となりますが、即効性が高く、できた大きなイボをすぐに除去できます。

最適な治療は医師に相談を

ご紹介したように性感染症の治療は処置となる場合もありますが、どんな治療方法が最適かは実際に診察を行った医師が判断します。
病気の経過や現状を実際に診察した医師の判断が比較的正確となりますから、そちらでよく相談してください。